アドバイザリースタッフ研究会「2014春期研修会」金沢

2014-04-22

4月20日、2014年春期研修会の締めくくりとして、金沢会場で研修会が開催された。

北陸は、開催のリクエストを多く頂いていた地域であるにもかかわらず、当研究会の前身であるNR協会でも研修会の実施は無く、また国立栄研の研修会も行われたことがなかった。今回、初めて北陸地区として金沢で研修会を開催した。

参加者は約30名、みなさん熱心に勉強されていた。

0420_b

第一部では、北陸大学薬学部 准教授 杉山 朋美 先生から、「健康食品と医薬品との相互作用について」と題して講演頂いた。

医薬品と健康食品の相互作用、とくに薬物代謝酵素に関する相互作用について詳しく説明していただいた。

 

0420_c第二部講演では、私 千葉より、「健康食品相談から見える問題点」と題して、消費者が健康食品に対して期待していること、あるいは誤解から生じている様々な問題や、製品(作り手側)の持っている問題について解説させていただいた。また、講演の後半で、昨年6月の閣議決定以降の健康食品関連の動きに関して解説させていただいた。

 

参加者からは、来年以降も開催してほしいとの意見も多く頂いた。北陸地区に限らず、他の研修会が行われていない地域でも、出来るだけ多く開催できればと再確認させられた研修会になった。